権利金の授受


 借地契約締結の際、借地人が地主に対して相当高額の金員を「権利金」として支払うことが一般的に行われてきました。権利金の授受については法律の規定がなく、当事者の合意によって授受されているのもです。その性質については、永続的な土地利用権を与えることの対価、相当長期的に返還を受けられないという地主の不利益についての補償、将来相対的に地代等が低額となることを予測してその分を地代等の前払いとして受けるものである、などと説明されています(権利金の授受がなされたか否かは借地権の発生とは無関係です)。

お金と家

 いずれにせよ、権利金は、借地関係が終了しても借地人に戻す必要のない金員であると一般には理解されています。
 ただ、定期借地権の場合には、将来の一定時期における借地権の消滅(土地の明渡し)が確実であるところから、旧借地権ないし普通借地権の場合よりは権利金の額が相当低額になるか、権利金の授受がない場合もあると思われます。

●敷金(保証金)の授受
 敷金(ないし敷金と同じ性質を有する保証金)は、借地人の地主に対する借地契約上の金銭債務を担保する目的で地主に交付される金員で、借地契約終了時に借地人に返還されるべきものです(ただし、一部を「償却」して返還しないこととする合意は一般に有効と解されています)。地主が交替した場合において借地人が借地権を新しい地主に対抗できるときは、敷金返還債務が新しい地主に承継されます。
 もっとも、借地契約では敷金の授受がなされることは、あまり多くはないように思われます。

私は2年前に上京してきて,連日人の多さに圧倒されて生活していましたが,思い切って会社への通勤が可能な神奈川県にある寒川の不動産に引越してきました。少しの不便さは覚悟していましたが,このエリアは都内と同じくらい利便性が高くて驚いています。さらには都内では見れない自然環境もあるので,この決断にとても満足しています。寒川の不動産は人気なのでおすすめです。

実は,奈良県はとても生活のしやすいエリアなんです!
その訳は,不動産物件も多くて、大阪への交通アクセスの良さと,家賃が比較的リーズナブルな事です。
また,古い歴史に囲まれた穏やかで静かな生活環境も住みやすさの一つと言えるでしょう。
近年は移り住む方も多くとても人気のエリアとなりました。
奈良県の不動産情報はこちらのウェブサイトにてご確認くださいね!

宝塚市の賃貸で新生活を検討したことはありますか?
市内は緑が豊富と知られていますが,最近では市と民間が連携して、より良い街づくりを検討されています。
また,交通の利便性にも優れており,阪急宝塚線や阪急今津線が乗り入れているので宝塚駅近くの賃貸はいかがでしょうか。きっと素敵な賃貸が見つかりますよ。